手作り人 Silvy のブログへようこそ
北海道で雑貨やアクセサリーを気の向くまま作っています。

只今、オーダーの受付は休止しております。
Entry
Categories
Archives
Link
Profile
Material
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
60分で作れる!カッコいいシルバーアクセサリー DVD付
60分で作れる!カッコいいシルバーアクセサリー DVD付 (JUGEMレビュー »)
DVDが付いているので、初心者にもとっても分かりやすい本です。これを足がかりにシルバーを始めてみませんか?
NEWミニパンスターターキットDVD+練習用粘土付き
NEWミニパンスターターキットDVD+練習用粘土付き (JUGEMレビュー »)
カセットコンロがあれば、シルバーアクセサリーが作れちゃいます。あたしもスタートはこれでした。
Others


今の旭川のお天気
ブログへの御感想、およびシルバーアクセやコサージュなどの御注文・お問い合わせなど、何でも受付中!下記のメールフォームに気軽に記入して送ってねっ。
The earth
Shopping
*また遊びに来てネ*
スポンサーサイト
2012/01/15

一定期間更新がないため広告を表示しています


大根の粕味噌漬けをいよいよ!
2010/11/23 01:10
JUGEMテーマ:日々のくらし
こんばんは、Silvyです。
『いい夫婦の日』、みなさんいかがお過ごしでしたか?
Silvyは未だ、風邪が治らないので飲みにも行けず 只今ひとり晩酌中です サケ ハ クスリ〜


過去2回、『大根を干す!』と『人肌みたい♪』 にて、漬物を漬ける為の大根の下処理をしてきましたが、先週や〜〜っと粕味噌に漬けてきました
本来なら、これを漬けるための塩漬けって1週間くらいでOKらしいけれど、あたしの風邪が長引いて、予定より少し遅れの2週間経ってしまい、重しは一週間経った時点でが外してくれていました。
どうやら、水分を出しすぎても美味くなくなるらしいデス。

さてさて本題へ。
これを読めば、来年あなたも漬けれますっ
一緒に頑張りましょ


さて、材料です:
前回塩漬けした大根、漬物用の厚手ポリエチレン袋1枚、粕 1袋、漬物用味噌 1袋、きざら(中双糖)1袋、本ミリン少々(カップ1/2くらい)、25度の焼酎少々(カップ1くらい)、新聞紙、ヒモ

あたし、漬物用の味噌なんてあるの、実は知らなかったんです。
舐めたらすっごく しょっぱい。
どうやら余っても、味噌汁には代用出来ないらしいので注意。

それから、粕はあまりにも安いモノだと、薄くのばされてるので 酒の香りがあまり無くて、漬けたときの仕上がりの味が、イマイチらしいです。
実家では『蔵しぼり』というヤツを使っていました。

あと、焼酎を使うのは腐敗を防ぐ為と、粕味噌をなじみ易く伸ばす為という理由があるみたいです。



作り方です。

塩漬けにした大根を樽から出します。
ほらね、上何段か出してみたら下のほうには水分がかなり出ているでしょ?

樽から出した大根は、ザルもしくは斜めにしたまな板なんかに出して軽く水分を落としておいてね。
水洗いはしちゃダメみたい。・・・傷むからかも。

※ ここで使用したポリ袋は外して、 新しいのに換えておいてね。



◆‖腓めのボールに、材料の粕と味噌と砂糖(中双糖)にミリン全量と焼酎カップ1/2くらいを入れて混ぜて粕味噌を作ります。

あたしは、ゴム手して混ぜたけど、他の人はどうしているのかわかんないです



ポリ袋を貼った樽に漬け込んでいきます。

底にはまず一段、大根を敷き詰めます。その上に△悩遒辰診味噌を塗りつけます。
大根は全て、切り口を上に向けたほうが、味噌を塗る面積が広いので味が染みやすいとが言ってました。大根が隠れるように塗ったくって〜
 次は、大根をその上にまた一段敷き詰めて粕味噌を塗ったくる・・・の繰り返し。
上に行けばいくほど、段々粕味噌を厚めにしていってください。そうすると上のほうは味が染みるし、下のほうも上のが降りていくので味が染みる・・・という訳です。

最後は粕味噌を今までよりも厚めに全て乗せるように入れてください。そして上から残りの焼酎カップ1/2をダバダバと降りかけて終了です。

ポリエチレン袋の口を空気を抜くように沢山ねじって、 塩漬けのときに使ったヒモで縛ってください。

こんな感じで完成です。あとはこの上に新聞紙を一枚軽く乗せて、樽のフタをして涼しいところで保管しておきます。

実家では物置に入れておくので、フタの上から更にビニール風呂敷を被せて周りをヒモで留めて、細かいホコリなどを
防いでいます。

約3週間くらいで食べられるということですが、忘れそうならメモ紙にいつ漬けたかを書いて貼っておくと良いです。

完成が楽しみ〜



ぜひ、漬けてみてくださいね〜。













人肌みたい♪
2010/11/10 12:46
JUGEMテーマ:日々のくらし
こんにちは、Silvyです 今日は朝から何だかとってもダルいです。


そういえば昨日、干した大根のその後の作業指令が から入りました

 「何時に来るのか?それとも忘れているのか〜?!」
おとーたま
時刻は朝の8時40分、あたしは長男くんを学校に送って 帰宅したばかりでございます 

 掃除と洗濯を先にさせてくださぁい・・っっっつっ

こうして、ざざっと家のコトを済ませ、いざ実家へ


まず、2日ほど干した大根にくくってあったヒモを外して・・・っと?
おっと!
人肌みたいで 気持ちい〜ぃい
 すべすべつるんつるん  

Silvyが手で大根をスリスリしていたら、父が一言。
 「赤ちゃんの肌ではないな。中年のおばさんの肌だ

 
ま、確かに 
ん? 干した大根=水分抜けた=おばさん?

なんかテンション下がりましたけどね?



さて、本題です。
先日あたしが干したのは、自分チ用のだけ。Mサイズの大根が8本とLサイズの大根が2本を全て縦割りにしたもの。
昨日はそれらの塩漬け作業をしてきました。粕味噌漬けには、まだ遠しです。

用意するもの : 大根、樽、漬物用の厚手のポリエチレン袋、赤穂の天塩、荷造りヒモ、6キロの重し

樽にポリエチレン袋を入れ、大根の切り口を上にして樽底に一段並べる。
  大きい大根は樽に合わせて半分に切ってもOK
切り口に塩を乗せるように振る。
  (塩の量は、漬ける時期が暖かいと酸っぱくなりやすいので多めにする、など気候と相談すること。by

あとは同じ要領で、
  大根一段→塩→大根一段→塩 と交互に乗せていく。

数日で大根から水分が出てくるらしいが、樽の底のほうは塩分も一緒に溜まるので、樽全体で見ると樽底は塩を少なめに上に行くに従って塩の量はだんだん多めにするんだって。


  最後の大根に塩をしたら中蓋を入れて、ポリエチレン袋の空気を抜きながら沢山ねじり、その部分にヒモを巻いてガッチリと口を縛る。

  その上に重しを乗せて、塩漬け完成!
   あとは、上からフタをすればOK
   こうして4〜5日置くと大根の水が上がってくるらしいよ。
上がる水が少ないときは、塩を足すのではなく 塩水を足すから伝授された。

作業自体は、30分かかるか?ってくらいあっという間に終わり、またお話相手をして帰りはトマトジュースをもらい、
そして 『お願い』という名の指令で、ズボンの裾上げを頼まれました

なぜかこの2ヶ月余りの間にから裾上げを頼まれたズボンは、これで3本目。
一枚づつ小出しにしないで、一度に出して欲しい気がする。
1人暮らし。あたしに会いたい口実なんだろうか?


具合が悪いので、ちょっとお昼寝してからミシンしよっと。


―――来週、また大根の指令がくる。


大根を干す!
2010/11/08 16:03
JUGEMテーマ:日々のくらし
こんにちは、Silvyです 

先週、実家で1人暮らしの父から、いつものように指令の電話が。
 「漬物を干すから、漬け方を覚えたかったら 来なさい」

中学教師を定年して11年。
口調は教師のままですが、性格はかなり丸くなりました。
 「今日は外で、大根の皮を剥いて 干すだけにするから」


外で・・・ですか
いつ雪が降るか分からないこの季節、寒いんですけど

もちろん指令ですから、ウィンドブレーカー着て行きましたとも

父が毎年漬けてくれるのは、粕漬けと粕味噌漬け。
この味が、あたしにとっての漬物の味。小さい頃、漬物を食べ過ぎてよく酔っ払った記憶あり。
・・・ちなみにウチの家族は、ダンナちゃんの実家譲りの浅漬け風のモノしか食べません
なので、毎年あたしの実家から樽ひとつ、まるごともらって、全てあたしが食してます


さて、あたしが今回教わるのは、大根の粕味噌漬け。
今回は干す作業まで、やってきました
来年から自分でやれと言われそうだし忘れそうなので、まとめてみたよ。

こんな感じ〜ぃ ↓ ↓ ↓ ↓       







 こんな感じで、任務終了かと思いきや、
  「樽が足りないから、買いに行く」

 
そんな父の一言で、大きめのスーパーに連れ去られたあたし。

 上は、ウィンドブレーカー。
 下は伸びたスゥエット姿

 お出かけする予定あるなら、先に言ってょ
 こんな姿で出かけたくないけど、
  逆らえな〜い


 
 買い物終了後は、実家でシュークリームと柿を食べてお腹いっぱいになって自宅に帰ってきました。

 明日あたり、また召集がかかると思うので、続き作業が待っています

なんだか忙しい日々が続くなぁ・・・